ここでは、コーヒー豆の種類の一つであるベトナム豆について紹介をしていきたいと思います。

ベトナムコーヒーとは、 実は、ベトナムがフランス領インドシナと呼ばれていた植民地時代に編み出された飲用方法なんです。

味としては、甘くほろ苦い、強い苦味が特徴のドリップコーヒーのことを言います。
このベトナムコーヒーは種類としては主にアラビカ種のものと、ロブスタ種のものに分けられます。
アラビカ種のベトナムコーヒーも少しは作られているようですが、日本ではあまり出回っていないのが現状です。
なので、ベトナムコーヒーと言えばロブスタ種のコーヒー豆の方が一般的です。

そして、このベトナムコーヒーが通常のドリップコーヒーと大きく違う点はというと、何よりも、焙煎時にバターを加えてコーヒー豆を深煎りでローストする点と、ドリップ時にコンデンスミルクを加えて、あま~く仕上げるところと言えます。
この2つに関しては、ベトナムコーヒー独自の特徴と言えます。

また、これらのベトナム豆の特有の特徴に関連して、コーヒー器具・用品もよく見かける一般的なドリップコーヒー用の器具ではなく、ベトナムコーヒーオリジナルのものが使用されています。
ベトナムコーヒーの器具・用品と通常のドリップコーヒーとの大きな違いは、フィルターやサーバーなどの器具一式がステンレスやアルミで出来ているところと言えます。
ステンレス製のフィルターは紙のフィルターと異なり、お湯がなかなかフィルターから落ちないため抽出に時間がかかり、また加えるお湯も少ないため、出来上がりがベトナム豆特有のかなり濃い味になるのです。
まだベトナムコーヒーの味を味わった経験がない方は、これを機会に一度試してみるのもいいかもしれませんよ。