コーヒー通でない方でも一度は目にした事があると思われるコーヒー豆のブルーマウンテンです。
みなさんご存知、かのジョージアの有名商品でもあります。

こちらのブルーマウンテンは、繊細な味をもっている事が特徴とされており、香りも非常にいいコーヒー豆です。

厳選された環境のみでの栽培となっており、ブルーマウンテンの豆として認められるためには、標高800メートル以上という条件を満たしていなければならないようです。
この環境下では、1日の中の寒暖差が平均8℃以上にもなるようです。
その結果、豆が収縮の運動を繰り返すことで引き締まりコクが生まれるとされています。
さらにはこのコーヒーの名前と同じ、ブルーマウンテンと言われる霧が頻繁に発生して、コーヒーの木や土壌に、適度な水分を補給します。
これらの神秘的な環境が、ブルーマウンンテン特有の、繊細な味を実現しているのです。

しかし、日本に輸入されている豆の多くは、標高800メートル以下であるにもかかわらず、ブルーマウンテン豆とされているものが多く流通しており、本物のブルーマウンテンを入手する事は、非常に難しいとされています。
とはいえ、輸出量の9割は、日本によるものと言われていますので、まだ日本では比較的入手は可能となっています。
調和されたブルーマウンテン独特の味は、日本人の味覚とも相性が良く、人気の理由です。
洗練されたコーヒーの味を楽しんでみたい方は、ぜひ、こちらのブルーマウンテンを試してみてはどうでしょうか?