ここでは、酸化を防ぐ保存法について紹介していきたいと思います。

まず、これに関して考える上で、とても大事な事があります。
それは、「保存はあくまで保存である」という認識をもつことです。
残念ながら、保存はおいしさを一定に保つものではありません。コーヒーも食品である以上、どうしても劣化をしていってしまいます。
でも、適切な保存法によって、その劣化を最小限におさえることは十分に可能です。
それでは、どんな保存法がよいのでしょうか?

密閉度の高い容器に入れて、高温多湿や、直射日光を避け、常温で保存をしておく方法があります。
また、冷蔵庫や冷凍庫を利用する保存法もあります。買ってきた容器が袋で、その袋が香りを通さないものならば、とりあえず袋をあけるまでは冷凍庫に入れておきましょう。
化学変化にはスピードがあり、そのスピードは温度を下げるしか方法がありません。それと、コーヒー豆は紫外線に弱いので紫外線を防ぐこともできます。
そして、袋の封を空けたら冷蔵庫に入れます。口はチャックがあるのでそれを使います。
なぜ、冷凍庫から冷蔵庫に変えるかというと冷凍庫の場合、使うとき常温に戻りにくいからです。袋のよさは冷蔵庫から出すとすぐに袋が常温になってくれることです。
キッチンに保存する方が多いと思われますが、場所やつくりによっては、上の条件にそぐわない事がありますので、いま一度チェックをしてみてはいかがでしょうか?

保存法に関して触れましたが、何よりもおいしいコーヒーを継続して味わう秘訣は、実は、こまめに新しい豆を購入する事だったりもします(笑)とはいいつつも、やはり一度で飲みきる事は不可能ですので、正しい保存法に関しても、これを機会にしっかりと覚えておいてください。
次は、コーヒーのおいしい素材を生かしてくれる、「コーヒー器具」について紹介していきます。